<   2004年 09月 ( 67 )   > この月の画像一覧

続大奥(秘)物語

1967年、東映京都。中島貞夫監督。小川知子、桜町弘子、西村晃主演。

正編のヒットを受けて製作された続編
といっても、ストーリー的には何のつながりもありません。
前作の第2話で健闘を見せた小川知子たんをヒロインに大抜擢、知子たんもその期待に応えて大変な熱演を見せ、この年の製作者協会新人賞を受賞しました。
が、結局は歌の道に進んでしまったのでありましたよ。

ときは、十代将軍家治から十一代将軍家斉(俗に「エロ将軍」として名高い方ね。先日のテレ東の特番では、「オットセイ将軍」になってました)の御世。

御家人(たぶん)・板倉源三郎(西村晃)は、さるお武家様が屋敷奉公に来ていた女に生ませた娘・おちせ(小川知子たん)を湯女風呂で発見、若年寄・阿部主水正(小沢栄太郎)に売り込みます。
おちせを使って一儲けしようという板倉と、おちせを大奥に送り込んでさらなる出世を目論む阿部との利害が一致、阿部はおちせを自分の養女として引き取り、武家の娘としての作法を身に付けさせます。
が、おちせを「いただきマンモスごちそうサマンサ」(死語)しようと思った板倉は、一足先に味見を完了、以後、「俺はおまえの初めての男なんだぞ」という殺し文句をネタに、おちせを強請ることになります。

あや(悠木千帆=樹木希林たん)と共に大奥に入ったおちせは、さっそく将軍・家治(三島雅夫)の寵愛を得ることになりますが、おちせの義理の姉(阿部の実子)であるおしの(桜町弘子たん)もやはりお手付き中臈として寵愛を得ており、ここに他のお手付き中臈たちも絡んで、女同士の争いが始まるのでありました・・・・。

今や「ドロドロドラマの帝王」となった中島丈博が脚本に参加して、前作よりも「女のドロドロ」がより強調された内容になっています。

後半、家治が急死すると、お手付き中臈たちは比丘尼屋敷に半ば幽閉され、一生家治の位牌を守って生きていくことを余儀なくされます。
しかし、女ざかりの身の上、尼のような暮らしなど耐えられるはずもなく、おふで(万里昌代たん)はおちさへの叶わぬ恋に身を焦がした末に首吊り自殺、おこと(緑魔子たん)は僧・了賢(藤岡重慶)と関係を結び、それがばれて斬殺されるでした。

おちせは、おしのの夫・遠藤(新田昌玄)と密通、最後はお白洲での裁きになりますが、ここの知子たん、すごい迫力でした。
お上から見れば許されないことであっても、おちせにとって遠藤との逢瀬は、自分が生きているというたった一つの証しだったのです。
このお白洲での場面や、板倉・遠藤が斬殺される場面には、なにやら反体制の匂いもしましたです。
時代のせいかな?

前作・本作とも、当然のことながら(?)成人映画なのですが、エロ味はあまりなし。
特に本作は、皆無と言ってよいです。
今、タイトルに惹かれてエロ目当てで観る方からは、「金返せ!」もんの映画でしょう。
むしろ、女性向けの作品ではないかと思います。

ところで、中島丈博は比丘尼屋敷によほど興味を覚えたのか、1973年に同じようなネタでロマンポルノの脚本を書いています。
こちらはもちろん、エロ味満載です。
[PR]
by sen1818 | 2004-09-30 23:35 | 映画

元祖ヨン様

a0012778_21424719.jpg今朝の『日刊スポーツ』社会面下に掲載されていた『月刊アサヒ芸能 エンタメ!』の広告を見ていたところ、

元祖ヨン様〔○○・○○○○〕「韓流ブーム」に驚愕!!

なる見出しのもと、この方の名前が挙げられていました。

なるほど、たしかに「ヨン様」だわ。

でもね、世間では、「いやいや、この方(お写真)こそが真の『元祖ヨン様』じゃ!」という意見もありますのよ。

ま、どっちでもいいけど。

それよりもあたしが気になるのは、ケイ・ウンスクの近況だな。

付記:上記の雑誌、「・巻頭は、笑顔一番小野真弓!、・特集は『セクハラの壁』許される男はココが違う?、・特別付録に、3連単で迷わない、万券ホイホイ血統BOOK、・袋綴じ①美人気象予報士小杉みさの決意のハミ乳、・袋綴じ②人気AV女優桜朱音の妄想エロス、・袋綴じ③青春のスクール水着お宝テレカ75枚」という、「(そんな雑誌を)読んでること自体がセクハラなんだよ!」と、世の淑女たちから総スカンを食らいそうな内容でありました。
[PR]
by sen1818 | 2004-09-30 21:41 | 妄想靡話

成人映画?

a0012778_021991.jpg

上海定性《2046》为成人片

本报讯 (记者曾家新)记者昨天从有关方面获悉,上海联合院线发行《2046》时,明确将该片定位为成人电影,北京院线方面则没有相关举措。
从全片看,该片的确有不少香艳露骨的段落,而人物间最明显易懂的关系也就是情欲关系。影片中,梁朝伟扮演的周慕云和章子怡、董洁以及巩俐都有长时间激吻的情节,甚至出现了梁朝伟和章子怡床上全裸拥抱的镜头。
对于将该片定位为成人电影,上海联合院线的黄先生解释说,放映这部影片前,影院对情欲戏方面有过顾虑,最后觉得还是将其定为成人电影好些。“这样宣传起来,就能够区别对待,对青少年也是一种保护。”该片发行方川江影视的负责人安女士表示,这部电影有些镜头确实比较大胆。但作为文艺电影,应该说王家卫已经向市场做了妥协,影片已经删减了不少有关这方面的戏份,“目前存在的这些镜头是不可避免的,否则影片的完整性就丧失了。出现这种情况,我们只能呼吁中国电影的分级制快些诞生。”
据悉,该片在北京首映时,不少中老年观众表示,《2046》实在不适合青少年观看。不过,北京影院目前对这些情况采取的还是漠然的态度。

今日の『京华时报』(北京の新聞)から。
繁体字表示は、こちら

んー、上海と北京では対処の仕方が違うってか?

「影片中,梁朝伟扮演的周慕云和章子怡、董洁以及巩俐都有长时间激吻的情节,甚至出现了梁朝伟和章子怡床上全裸拥抱的镜头」なんてとこを読んで、1人でコーフンしていたエロ好きおばはんのわたくしですが、にしても、成人映画ねえ・・・・。

ようわからん。

しっかし、香港映画の性描写って、どんどん退化していってるとしか思えんのは、気のせい?
かつて邵氏がエログロ&バイオレンス映画を量産していたのが、まるで嘘のようです。
7月に観たこの映画だって、

いよっ!!香港の三角マーク!!!

と、声を掛けたくなるくらい、「セックス、アーンド、バイオレーンス」満載の大興奮ムービーでした。

あの素晴らしいエロをもう一度・・・・。

あ、肝心のお客さんの入りですが、こんな情報こんな情報がありましたです、はい。

付記:この記事も、ちょっこし気になります。
あの、この方って、実在の人物なんでせうか?
[PR]
by sen1818 | 2004-09-29 23:24 | 映画
1973年11月17日、日本テレビ・東宝。山本迪夫監督。酒井和歌子、藤竜也、村井国夫主演。

というわけで、観ました、第1回。
東宝の製作です。

先日こちらで書いたとおり、香港で疾走、もとい、失踪したフィアンセを捜索する日本娘のお話です。
が、人ひとり失踪しているのに、領事館にも警察にも届けないというお粗末なミスをしょっぱなから犯しており、その時点ですでに「アウト」なドラマでありました。

警察の建物を撮る手間や、現地の役者を使う手間を省いたとしか思えない展開ね。

でもまあ、ロケ場面はそれなりに見どころがありますよ。
廟街も出てきますし。
あの頃の香港って、おもちゃの製造が盛んだったんですが、日本企業の下請けおもちゃ工場もちらりと登場。
時代を感じさせます。

ヒロインの酒井和歌子たんが、「婚約者(村井国夫)を捜すわ!」と思い立ったが吉日、自腹で飛行機のチケットを購入しちゃうとこなんざ、東宝ならではの浮世離れ感がありますね。
親が遺した都内一戸建てに住んでいるとはいえ、金持ち娘などではない、貿易会社勤務のごくごく普通のタイピスト(1人暮らし)ですよ。
格安チケットなんかない時代に、どうやって資金を工面したのでしょう。

それに、旅券は?

あ、そうそう、航空会社が、60年代はパンナムだったのが、ここではキャセイ・パシフィックにチェンジしていました。
で、お泊りのホテルは、香港怡東酒店
できたてだったのかしらん。
婚約者が泊まっていたはずのホテルとして、今はなきヒルトンも登場。
『東京ギャング対香港ギャング』(1964年)で健さんが泊まっていたのもヒルトンですから、周りの風景を見比べてみるのも面白いかなあと思いました。

香港支社長として田口計が出てきたあたりで、すでに「結末は見えた!」って感じなのですが、意外性のあるキャスティングの可能性も・・・・ないか。

田口計の家(高台の一戸建て)にメイドさんがいないのも、おかしかったですねえ。
あのクラスのビジネスマンなら、メイドさんを置いているはずなのですが。

應蘭芳たんが、「クラブ東京」だったか「東京クラブ」だったかいう現地駐在員の溜まり場的クラブのママ役で登場。
この人にも、あやしい匂いが。

藤竜也は、キャット・ストリートで骨董屋を営む謎の日本人。
和歌子たんと一緒に婚約者を探すことになります。

次回は、マカオへ行くらしいです。
ラストでちらりと出てきた赤座美代子たんが、キーパーソンになる模様。

(於:ファミリー劇場)
[PR]
by sen1818 | 2004-09-29 00:44 | テレビなど
ここんとこ、久々に『東京ギャング対香港ギャング』を観返していますが、面白いっすねえ。
特に前半。
健さんが死ぬところの音楽なんて、『死刑台のエレベーター』みたい。

八木正生、いいわん。

内田良平も、クール。

でも、鶴田浩二が出てきたとたん、浪花節になっちゃうんですよ。

惜しいなあ。

で、今度、「血中中華濃度の高い男たち」というテーマで統計をとろうと思っています。
なんのことはない、香港ないしは台湾との合作映画とロケ映画(1950年代~70年代初頭)によく出ている男優を集めてくるだけなんですが。

さて、来月、スカパー!で、わたくし的にいろいろと気になる映画やドラマを放映することは、すでにこちらでお知らせ済みですが、もう1本、気になる映画がありました。

『社長学ABC』

東宝の「社長」シリーズ最末期の1本です。

これ、どうも台湾ロケをしているみたいなんすよ。
で、彼の地の女優さんが出てくるらしいのですが、その名前が「キネ旬データベース」では見事に文字化けしていて、

恬■ テイエンテ

とだけありました。

誰よ?テイエンテって?

あたしゃどうも恬妮(岳華夫人。フィルモグラフィは香港時代の作品のみ)のことかなあと思ったんですけど、どんなもんでしょ?
ま、観てみればわかるのですけど。

「社長」シリーズのお約束として、この後に必ず続編があるのですが、そこでは関口宏がその台湾姑娘にお熱を上げる模様。
「社長」シリーズも、小林桂樹がとうとう社長になり、かつて彼がやっていたような役回りを関口宏が担当しているあたりに、歳月の流れを感じますですねえ。

ともあれ、来月の楽しみが、また一つ増えました。

付記:岳華夫妻の近影。岳華、見事なスキンヘッドに・・・・。
[PR]
by sen1818 | 2004-09-28 23:42 | 映画
1969年、大映東京。帶盛迪彦監督。南美川洋子、八代順子、渥美マリ主演。

「ある女子高校医の記録」シリーズ・最終作
4作目になると、単なるカワイコちゃんムービーではオヤジの欲求に応えられなくなったのか、エログロ&単なる興味本位の映画に仕上がっております。
その分、キャピキャピ度も低くなり、根暗で淫靡な若者映画になってしまいました。

ざんねん。

前作(『失神』)までは、女子高の独身校医が生徒の隠された実態を探る、という形式で話が進んでいきましたが、本作ではその役割を南美川洋子たんが担っています。

しかし、酷い目に遭いすぎ。

女子生徒の夜の生態を探訪するうち、ミイラ取りがミイラになってヘタレ浪人生と初体験した末に妊娠、それを打ち明けると「堕ろせ」と言いながら身体を求めてくるわ、妙な闇医者で堕胎しようとすると、今度はその医者がいきなりのしかかって来るわ・・・・。
でも、この医者の姿を見ていたら、妊娠した愛人に向かって、「俺が突っついて、堕ろしてやろう」と抜かしおった某首相補佐官を思い出してしまいました。

似たもの同士?

とにかく、この映画、一言で言うならば、「南美川洋子たん受難映画」ですね。

2作目(『初体験』)や3作目(『失神』)のような、無邪気で屈託のない女の子群像の方が、あたしゃ好きだったんですけど。

結局、洋子たんは子宮外妊娠で病院に担ぎ込まれ、子供は死産に終わるのですが、その後、何事もなかったかのように強引にハッピーエンドに持っていくあたりにも、なんか違和感を感じましたです。

ところで、劇中で「スケスケごっこ」と称して、マッチ売りの少女をする場面が出てきますが、これって、「スケスケ」じゃなくて「丸見え」ですよねえ?

付記:「キネ旬データベース」のあらすじにある南美川洋子たん演じるヒロインの名前が、なぜか「高倉みゆき」になっています。大蔵貢の怨念・・・・?(ちゃうちゃう)

10月の番組改編で、この手の映画は「日本映画専門チャンネル」から追放されるようです。「高校生番長」シリーズなんか、最終作(『ズベ公正統派』)を放送しないまま終わる模様。中途半端なことすな!

(於:日本映画専門チャンネル)
[PR]
by sen1818 | 2004-09-28 21:29 | 映画

究極のサプライズ

えー、全く地味にでしたが、第2次小泉改造内閣が発足したそうで。

小泉総理お得意のサプライズ人事は、皆無。

党執行部にマッドカウおじさんを起用したのには、驚いたと言うより、呆れたけど。

で、わたくしの考えた究極のサプライズ人事が、これ。

今日(正確には昨日か)議員辞職したばかりの古賀潤一郎氏を、民間人枠で「文部科学大臣」に起用、「ダブルジュンイチロウ」で勝負をかける。

いくらなんでも、そりゃムリね。

付記:突然映画の話題で恐縮ですが、「台湾電影筆記」、引っ越しやがったようです。
[PR]
by sen1818 | 2004-09-28 00:14 | 妄想靡話
2003年、香港。劉偉強・麥兆輝監督。余文樂、陳冠希主演(?)。

やっとこさ観てきました。

いやあ、なんのこたーない、悪徳刑事と極悪やくざの話だったじゃないの!
じゃ、Ⅰでの黄Sirの壮絶な死(つくづく車に縁のある人ね)も、「狐と狸の化かしあい」に敗れた末の、おあつらえ向きの末路だったってわけ?

でもさ、数字その他の物理的な辻褄合わせはともかく、なんでサム(曾志偉)がヤン(余文樂)を生かしておく気になったのかが、これじゃ全然わかりましぇん。
あれだけ身内をネタにして(皆○しだし)姑息な脅しをかけていた男が、どうしてヤンを自分の舎弟になんかするのさ?
だって、ヤンはハウ(呉鎮宇。かっこいい)とヘンタイ関係(あ、これ、広東語です。だってそう聞こえるんだもの)にあるのよ。

俺だったら殺すね(急に大佬化する)。

で、殺されちゃったヤンには実はそっくりの双子の弟がいて、そいつがⅠで登場、って、全く別の映画じゃないの、それじゃあ!!!

・・・・その辺の説明が、欲しかったっす(もしかして、どっかにヒントがあるのか?)。

それと、色々あって結果的には大ボスにのし上がったサムが、どうやって下の者の人心を掌握していったのか、そこも知りたかったんだけどなあ。
不満分子とかけっこういそうだもん、あれじゃ。

しっかし、あんなに酷い目に遭ったのに、それでも潜入を続けたのね、ヤンさん。
頭もおかしくなるはずよ。
とどのつまりは、チャーハン、じゃなくて、チャーヤンとしての誇りゆえなのでせうか?

各所絶賛のマリー姐御(劉嘉玲)、たしかによかったっすね。
わたくしにとっての「ベスト・オブ・劉嘉玲」は、やっぱり『女ともだち(自梳)』なんすけど。
あれも姐御肌の娼妓だったな。
ただ、エロ味がちょこっとあってもよかったような気が。
マリー姐御が主人公の外伝なんか、観たいですね。

それから、わたくしの中では「狂犬」 or 「那英の夫」のイメージしかなかった張耀揚が、ここでは「狛犬」になって登場。
気のせいかもしれませんが、身体が異様に膨張して見えました。

あ、そうそう、杜汶澤って、「ヤンのお友達→兄貴分」だったんすねえ。
いつ、弟分に?

あー、でもやっぱり解せないな、なんでヤンが生かされたのか。

観ているこっちも「無間道」だわ。

あららら、若いお二人さんのこと、全く無視しちまったよ。お詫びのしるしに写真でも。

最後にもひとつ。ハーモニカの『蛍の光』は、ちょっとストレートすぎたね。

a0012778_2220475.jpg
a0012778_22202172.jpg付記:わたくしの観た回(平日午後)、おっさんばかりでした。皆さん、東映任侠&実録路線ファンなのでしょうか(中野武蔵野ホールがそのまま移動してきたような)。でも、『LOVERS』観たときの女だらけの映画館よりもずっと落ち着いたな、気分的には。こういう方々の感想をうかがってみたい気がいたしますです。

今の渋谷東急って、かつての東邦生命ホールでして、当時は伝統邦楽の演奏会がよく行われていました。昔、伝統芸能関係の雑誌に記事を書いていたあっしも、よくお邪魔したものでございます。三味線からチャカへ・・・・。

(於:渋谷東急)
[PR]
by sen1818 | 2004-09-27 22:22 | 映画
1971年、勝プロ・永聯(配給・嘉禾)。安田公義、徐増宏監督。勝新太郎、王羽、浜木綿子主演。

『獨臂刀』上映記念企画第2弾!というわけではなくて、「日本映画専門チャンネル」で「24時間まるごと座頭市」をやってたもんで・・・・。

『世界ウルルン滞在記』に出演するタレントさんに、ぜひ観ていただきたい映画です(DVDございます)。
「異なる言語を持った者とのコミュニケーション不成立」が、ラストの悲劇を生んでいきます。

おまけに盲目だから、アイコンタクトだってできやしないのよ。

思えば、本作以前の香港や台湾との合作映画、ないしはロケーションを行った映画において、現地の人々とのコミュニケーションの手段に関しては、きわめてお手軽な処理が罷り通っておりました。
映画に登場する彼の地の方の設定は、日本人とのハーフ、子供の頃日本に住んでいた、親が日本びいき、留学生(留学していた)、旧植民地の住民である・・・・etc、だいたい皆さん日本語が通じます。
中には、『金門島にかける橋』の大坂志郎のように、なぜか知らねど日本語が堪能な島の漁民もいらっしゃいました。
それがだめだと、(エリート同士ならば)英語で会話なんぞを始めるのでありましたよ。

異国の方とのお付き合いにおける最初にして最大の関門である言語の問題が最も大きな命題とされている点において、この映画、他の日港台合作映画とは確実に一線を画しております。

コアなファンの皆さまの間では、「香港公開ヴァージョンでは王羽が勝った」といったことがよく話題にのぼるようですが、どっちが勝ったかなんてあんまり関係ない気がするけどな、あたしゃ。

どっちに転んでも、空しいだけさ。

ジミーさんは、いい男ですね。
愁いのあるところが、なんともいえず魅力的です。

悪役は、安部徹と南原宏治という、わたくし好みのキャスティング。
偉そーなこと言っておきながら、座頭市にあっさり片耳を削がれて、以降は中耳炎の子供がするみたいな耳カバー付けて登場する安部さんには大笑いしました。
南原さんは、ジミーさんを裏切るとんでもない坊主。
初めはつまんなかったけど、途中からだんだん南原さんらしくなっていきます。
ジミーさんと対決までしちゃうんですから、なんだかかっこいいですわ。
あっけなく死んじゃうけど。

あっけなく死ぬと言えば、『星のフラメンコ』のヒロイン・汪玲が旅芸人役で出てましたね。
台湾の映画会社・国聯(李翰祥が設立)の看板女優「国聯五鳳」の1人です。
東宝芸能学校に留学経験あり。

最後に、香港公開ヴァージョンに関して気になったことが1つ。

てんぷくトリオのギャグ、あのまんま採用になったんでしょうか?

付記:勝プロと嘉禾の合作映画、こんなシナリオがありました。2作目の企画もあったのね。

(於:日本映画専門チャンネル)
[PR]
by sen1818 | 2004-09-27 00:40 | 映画
a0012778_22204794.jpg只今、舒淇小姐のヘタレ英語(『トランスポーター』・日曜洋画劇場)を聞きながら、これを書いております。
東京国際映画祭で観て以来だから、ほぼ2年ぶりね。
たしか、「(身体で)埋め合わせするわ」みたいな台詞があったような記憶が。
杉本美樹たんも、「女番長」シリーズかなんかで、同じような台詞を言ってたんじゃなかったっけ?

さて、10月にチャンネルNECO(スカパー!)で放映される『香港の夜』のスケジュールが、判明いたしました。

10月5日(火)15:00~、8日(金)10:00~、16日(土)18:00~、21日(木)21:00~、
26日(火)10:00~

以上、5回の放映です。

『大奥』『香港の夜』と、来月のスカパー!はおいしい番組が目白押しなのですが、ここにもう1つ、気になるドラマが加わりました。

ファミリー劇場で放映の『香港からの手紙』(1973年)。

日本テレビで放映されていた「土曜日の女」シリーズ(最初は「火曜日の女」だったけど、放送枠の変更に伴い、タイトルも変更)の1本で、脚本は桂千穂(『HOUSE』)、演出は先月亡くなった山本迪夫(「血を吸う」シリーズ)。
この顔ぶれだけで、あたしゃてっきり「香港で日本娃娃が世にも恐ろしい魔物に襲われるドラマ」だと早合点しちまったのですが、「番組案内」によると、

商社勤めの平凡なOLが、出張先の香港で失踪した婚約者の身を案じて、単身香港に飛び、現地で知り合った得体の知れない男らの助けを借りて、様々な危機に遭遇しながらも徐々に事件の真相を暴いていくサスペンスドラマ。
当時はまだ珍しかった海外ロケを敢行。香港のエキゾチックなムードの中に、若いヒロインのスリリングな冒険旅行をサスペンス色たっぷりに描く。('73年・全7回・出演:酒井和歌子、藤竜也、村井国夫)

って、全然違うじゃんか!

このドラマが製作された1973年には、もはや海外ロケ映画なんてひとつも珍しくなくなり、テレビドラマの海外ロケが売りになる時代に突入していたのですね。
これに先立つ1970年には、『熱砂の慕情』というフジテレビの昼メロでも、香港・台湾ロケを行っていたようです。

とりあえず、来月が楽しみです(『香港からの手紙』は先日第1回が放映済みなんですが)。

付記:全然かんけーないけど、今すっごくこれが欲しいです。
[PR]
by sen1818 | 2004-09-26 22:20 | 尤敏