寝ぼけ眼で『ザ・ヤクザ』を観る

月曜の深夜、日本テレビで『ザ・ヤクザ』をやっていたので、何となく観てました。
半分寝てたけど。

この映画に関して、よく「武士道と任侠道を混同している」とか言われていますが、ヤクザのルーツを辿っていけばアウトロー化した武士にいきつくものなんで、ま、そのへんは大目に見てやってもいいのではないかと思います。

あたしゃそんなことよりも、墓参りの場面や健さんがしょってる不動明王の刺青がアップで映る場面で読経が流れることの方がいやでしたよ。

季節が季節(夏場)だし、ちょっと変わった怪談を観ているような気分になったりして。

あと、長ドスは白木の鞘の方がいいね。

キャストで言うと、ある程度英語が話せなきゃダメってことで岡田英次なんかが親分役やってるんでしょうが、それはまあいいとして、ジェームズ繁田が完全なるミスキャストでしたわ。
岸恵子の娘が見るからに日系人というのも、致し方ないこととはいえ、東映の女優さんでも使えばよかったのに。

とりあえず、わたくし的には、待田京介が素敵だったので、「ざぶとん1枚」でした。
これに郷鍈治と汐路章も加えて、合計で「ざぶとん3枚」ってとこでしょうか。

以上、夜更かしの報告でした。
[PR]
by sen1818 | 2004-07-28 22:20 | しようもない日常