博多人形への道 (むりむり) その1

a0012778_12523668.jpg11月12日(金)
午前8時ごろ起床。
食事を済ませて9時に出発。
都営三田線で三田に出て、そこから浅草線~京浜急行直通で羽田へ向かいました。
前の晩から降っている雨の影響で電車が徐行運転中、そのため、1時間以上もかかってようやく羽田着。
11時の飛行機(スカイマーク)で、福岡へ。

空港で買った空弁(万世のカツサンド)を機内で食らい、『週刊文春』を読みつつうとうとしているうちに、12時50分頃飛行機は着陸。
福岡空港は街中にあるので、なかなかデンジャラスな着陸風景でした。
全日本デンジャラス空港選手権」というのがあったら、上位入賞間違い無しです(あるわけないけど)。

到着ロビーに出たら、まだ1時過ぎ。
時間があるので、そのまま二日市温泉へ直行、一風呂浴びることにしました。

a0012778_12525982.jpg
地下鉄で天神まで行き、そこで西鉄に乗り換えて二日市で下車。
バスで温泉街へ向かいます。
が、お目当ての博多湯は「改装工事中」。
仕方なく、お隣のバーデンハウスに入湯。

a0012778_12531925.jpg
ここは、クアハウス形式の日帰り温泉施設。
いくつかの温泉ファンサイトには「源泉かけ流し」となっているものの、実際には「オーバーフロー還水方式」の循環温泉だと思います。
ここを「かけ流し」とされている方は、湯船からじゃんじゃんお湯があふれているのを見てそう判断したのでしょうが、あふれたお湯が湯船の横の側溝に即注ぎ込んでいるところから見ると、おそらく、そのお湯は捨てられずに滅菌&再利用されているものと考えられます。
お湯自体にも、ほのかに塩素臭がしましたし。

14年前、ここへ来たときにもうっかり循環温泉(御前湯)に浸かってしまったわたくしですが、今回も、かけ流し温泉(博多湯)への入浴は叶いませんでした。
一生むりなのかしらん?

さくっと入浴後、博多駅まで戻り、ホテルへチェックイン。
途中、二日市駅の公衆電話で話しているおっさんの会話を聞くとはなしに聞いていたところ、半分も理解できませんでした。
何言ってるのか、さっぱり分かりましぇん。

北京語のほうが、まだ聞き取れるかも知れん。

風呂へ入ったら小腹が空いたため、ホテル近くのほっかほっか亭でつい「から揚げ弁当」を買ってしまい、室内で食しました。

また太るよ。

しばしの休息の後、午後5時15分頃、上映会場である福岡市総合図書館へバスで向かいました。
なんだか遠いところにある図書館です。
(つづく)

付記:最初の写真は、博多駅近くで発見した看板。「かずよ」ではありません、念のため。
[PR]
by sen1818 | 2004-11-14 12:54 | しようもない日常

貯まるかな? (管理人名:せんきち)


by sen1818