やっと観ました2046

品川プリンスシネマのレイトショーで『2046』を観て、12時過ぎに帰宅しました。
100席ほどの劇場に、20人足らずのお客さん。

感想は、また後ほど。

昨日(4日)、シアターイメージフォーラムで『喜劇 特出しヒモ天国』を観たので、そちらの感想の方が先になるかと思います(大したこと書けないけど)。

とりあえず、ちょこっとだけ書くと、王菲のお父さん&列車の車掌さん役で王琛が出ていたのが、個人的に嬉しかったです。
元キャセイ(國泰)の役者さんを使っているところが、何とも言えませんね。

お父さんは、「ハルピン出身の元テノール歌手」という設定ですが、「ハルピンにおけるクラシック音楽」と聞いて思い出すのが、朝比奈隆や李香蘭。
今夜は李香蘭の本(『李香蘭 私の半生』『李香蘭と東アジア』)でも読み返すことにします。
この本も、読まなくちゃな。
ただし、ああいう設定ならば、当然、ハルピン時代に日本の文化人との交流もあるはずで、そうなると、あれほど強い反日感情を抱くのは、ちょっとおかしいような気がします。
個人差もあるのでしょうが。

というわけで、風呂入って寝ます。
おやすみなさい。
[PR]
by sen1818 | 2004-11-06 01:19 | しようもない日常